株で大損しても復活は出来る!体験談が実証する事は?

スポンサーリンク

で大損してしまったら…。

怖いけれど、多くの人にあり得る話。

でも、その後に復活して大きな利益を上げる事に成功した人達がたくさんいるのも事実!

彼らはなぜ大損したのに、復活する事が出来たのか。

今回はその体験談から復活の秘訣を探っていきたいと思います。

優待の桐谷さんは大損から復活の桐谷さん

元プロ棋士の桐谷さんは優待投資で有名な人物。

テレビでママチャリを駆使して株主優待の使えるお店を駆け巡る姿が放映されるなど、面白おじさんに見えるけど資産数億(?)の株長者です。

桐谷さんの手法は株主優待と配当を合わせて高利回りの優待株を所有して保有してじっくり持つというもの。

でもただ買ってほったらかしにしている訳ではありません。

購入銘柄はちゃんとウオッチしていて高騰したタイミングで利確し、きちんと売買利益もあげている。

そして高騰するまでは配当と優待を貰い、株価をウォッチしっつもゆったり持ち続ける…。

なんとも優雅でのんびりした方法のように思えます。

実は株で結構な大損もしている

桐谷さんは損切を絶対したくないなので、損切はどんなに株価が下がっても損切していないそうです。

その結果、どんどん株価下がっているのに損切しなかった結果、その銘柄の会社が倒産して大損した事も度々あるんだとか…。

例えば桐谷さんが2005年9月に1290円で買ったメガネスーパーの株では10年近く塩漬けた時に97%も下げて、44円まで下がってしまっ時に「倒産しないといいのですが…。」とコメントされてました。

でもメガネスーパーはその後、上場廃止になってましたね…。

こんな事が度々あるようですが、こんな程度はまだましで、桐谷さんにはもっと凄い大損と復活の体験談があります。

株でマイナス5千万から復活の体験談

まだプロの将棋棋士だったころから株取引を始めた桐谷さん。

当初はバブル景気にのってどんどん資産が増え、一時期は株で試算は3億円にまでなりました。

気を良くした桐谷さんは信用取引でどんどん取引を行い、バブルは崩壊してもナンピンを繰り返しどんどん買い増していきました。

それも信用取引の担保には株を使ったので、まさに なぜ株で大損するの?損するしくみを知りたい でご紹介したような無限ナンピン地獄に陥り、リーマンショックの打撃もあっていつの間にか3億あった資産が株の信用取引での失敗でマイナス5千万に…。

信用取引でデイトレードを行い、毎日損失が拡大している時は夜も眠れず不安な日々を過ごしていたそう…。

3億もの資産がついにマイナス5千万になってしまい、地獄のような毎日を過ごした桐谷さん。

復活のきっかけは父親からの資金援助でした。

情けないけれども、父親の老後の資金をありがたく使わせて頂いて借金返済に充てました。

それからは信用取引はせず現物取引で手堅い取引を行い、今の優待&配当生活での成功を掴みました。

そして優待&配当生活での成功で今はまた資産数億にまで復活する事が出来たのですね。

そして「月曜から夜更かし」などのテレビ番組や月刊誌「Zai」で人気の優待おじさんになりました。

「Zai」では度々桐谷さんの優待特集があって、記事として面白いのでいつも楽しく参考にさせて頂いています。

この桐谷さんの大損からの復活体験談も以前「Zai」に掲載されていました。

余裕資金で優待を楽しんでる面白おじさんになるまでは、こんな大損からの復活を果たしていた波乱万丈な方なんですね。

株の講師はなぜ大損し、その後に復活出来たのか?

以前私が株の学校に通っていた時の講師の方は、前職は証券会社勤務をしていた方でした。

株投資の講師をしているくらいなので、毎年かなりの利益をあげて大儲けしているらしい、という事は講義を受けていてよくわかりました。

その学校は投資としての株の学校なので銘柄の紹介などはしておらず、純粋に株投資に関する講義のみでした。

基本的な取引に関する用語やファンダメンタル、四季報の見方、四半期報告書の見方、チャートの見方などです。

株の銘柄紹介は基本的にしないとは言っても、講義ではその日の日経の動きや株に関する時事問題も話題に上るし、四半期報告書が発表されたばかりの銘柄を題材に講義を行うので、今その講師が気になる銘柄や、「騰がりそうな感じがする」銘柄の話が出る事もたまにありました。

そしてご自分が「この時に買って今持っている」銘柄の話なども講義の題材に出てきますので、この講師はほんとに利益をあげてるんだなぁと感心する事もしばしば。

ある時「200万くら大損してしまったんですが、どうしたらいいでしょう?」とこの講師に質問してみました。

するとその講師の方はご自分の経験した大損からの復活の体験談を話してくれました。

「200万くらい、なんて事ないよ。そんなの株ですぐ取り返せるから。僕なんか700万くらい大損してしかも借金もしてたんだよ。妻子もいたのにさ。」と返されてびっくり!

金額はうろ覚えなので700万ではなくもっと凄い金額だったかもしれません。

それにしてもそんな大損しておきながらどうやって復活出来たのか?

「僕は株取引で失敗して大損し借金までしてしまった。でも絶対に取り戻せる、復活出来るとわかっていた。ファンダメンタルをしっかり見てきちんと取り組めば株は必ず利益を出せるってわかってたんだ。」

そしてそれをほんとに実行して復活し、株の講師にまでなってしまうんだから凄い。

彼の復活の体験談は、株のファンダメンタル分析が有効な事、きちんと株に取り組めば大きな利益をあげる事が出来るという事の証明になるのでは?

でも妻子がいながら株で大損して借金してそれでも株の可能性を信じてるって…なんとも強靭なハートと信念&実行力です!

株の誤発注で大損407億円

株で大損といったら2005年12月に起きたジェイコム事件。

個人の取引ではなく、証券会社の担当者がたった一度の株取引の誤発注で407億円もの損失を出してしまったもの。

「61万円1株売り」としようとして「1円61万株売り」と入力してしまったという、ほんとに単純なミスなのにシステムで取り消しが効かず取引が成立してしまい、結果会社が大損する事に。

その後に注文の取り消しが出来なかった事で証券会社と東京証券取引所で裁判になったり、この誤発注に乗じて大儲けした個人投資家がいたりして当時はとても話題になりましたね。

このミスをして会社に大損させてしまった株取引の担当の方がその後どうなったかは不明ですが、この証券会社は未だ健在ですし10年以上前の話なのでこの大損からは復活出来ている様子。

それにしてもたった一度の入力ミスで407億円もの大損って…。

今は東証のシステムが強化されているし、そんな誤入力ははじかれるはずですが、注文の入力には本当に個人でも法人の会社員としてでも注意しないと危ない。

この事件が起きた時期、私はその時たまたま通ってた語学学校でその会社の社員さんと話す機会があり、その方はジェイコム事件が起きたディーリングルームにいたディーラーの一人だったので当時の混乱が凄かったと辛そうにお話されていました。

この体験談は個人というよりは会社が社員の失敗によって大損したという事だけれど、些細なミスから一瞬にして大損害が出たのに会社としてきちんと対応し、証券会社として存続もしているのは立派だと思います。

まとめ

株で大損しても、負けずに真摯に取り組めば復活出来る!

そこで逃げていたらそのまま負けだけど、自分の可能性を信じてコツコツ取り組めば復活出来るんだ、成功出来るんだという事が、桐谷さんや株の講師の方の復活の体験談からわかります。

最後の407億円の大損は個人で出していたらどうなっていたのか想像できないくらい恐ろしいですが、証券会社のディーリングルームにいるプロでさえ大損を出すという事。

株の講師の方も証券会社出身だから株に精通していた筈。

桐谷さんは将棋のプロだけれど株は素人の時に大損している。

プロも素人も大損します!でも復活の執念が凄いと復活出来る

株の可能性を信じて疑わない。

株に真摯に向き合って勉強を続ける。

信じて諦めない。

大損して復活する人達は執念が違う。

復活の秘訣は絶対成功するという執念と実行力だとう思う。

でもやっぱり凄い大損する前にちょっとの損で押さえておきたい!

ちょっとの損と大きな利益でトータルで利益をあげ続けることが出来るよう、精進していきたいものです。

諦めなければチャンスはある!

こちらの記事もどうぞ⇒ なぜ株で大損するの?損するしくみを知りたい

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする