株で資金50万を100万に増やしたい!

スポンサーリンク

資金が50万あったら、倍の100万にで増やせたら嬉しい。

上手く運用すれば出来る事ではあるけれど、どの方法を取るのが効果的なのか。

出来ればリスクはあまり取りたくないし…。

自分にあった方法で株で資金を運用して50万を倍にするには、どうしたら良いのか。

色々な角度から探ってみましょう!

資金を複利で活用したら10%の運用成績でもOK?

株で資金50万をいきなり倍にするのはちょっとハードルが高い。

でも、運用益10%なら手堅く頑張ればいける可能性はありそうです。

では複利で運用益10%の運用をしたら何年で100万円になると思いますか?

数字で実際に見てみましょう。

  • スタート:500,000円
  • 1年後:550,000円
  • 2年後:605,000円
  • 3年後:665,500円
  • 4年後:732,050円
  • 5年後:805,255円
  • 6年後:885,780円
  • 7年後:974,358円
  • 8年後:1,071,793円

見事、50万の資金が8年後には倍の100万を超えています!

1年で頑張って10%の利益を上げ、それを複利で運用していけば8年後には資金を倍にする事も可能なんですね。

これは税金を考慮していないので株の利益に関する諸税を払うと資金倍額の達成はその分だけ遅めになりますが、毎年税金の掛からないNISA口座で運用するという手もあります。

それにしても1年で10%の利益なら、必死に毎日何時間もパソコンの画面を見てトレードしなくても達成可能な目標です。

でも株で利益年間10%は達成可能な目標ではあるけれど、適当にろくに考えもせず株を買って楽々簡単に達成出来る程甘くはない。

たまたま相場環境が良ければ買った株が1年で倍になる事だってもちろんあるでしょう。

でもそんな運任せの行き当たりばったりじゃなくて、成功確率の高い方法で堅実に株で資金を増やしていく方法が良いですよね。

資金50万を10倍株候補で分散投資をするのは手堅い?

株で資金10万を倍の20万にするよりも、株で資金50万を倍の100万にする方が達成出来る可能性もぐんと高くなる。

それはそうですよね。

資金が50万あれば株で買える銘柄がどーんと増えるし、複数単元買って売却時期を分散する事も出来ますし。

試しに2017年10月時点で証券口座で株のスクリーニングをしてみました。

東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズに上場している株の銘柄で、(リスクの高い株を避けるために)自己資本比率が30%以上の銘柄数を検索したところ下記の数値でした。

  • 資金5万以下で購入可能な銘柄数:275件
  • 資金10万以下で購入可能な銘柄数:771件
  • 資金20万以下で購入可能な銘柄数:1,623件
  • 資金50万以下で購入可能な銘柄数:2,591件

買える株の銘柄数が増えれば有望な銘柄を選んで資金を増やすチャンスも広がる!

そして資金が50万あって嬉しいところは、5万以下や10万以下で購入できる株を複数持つことが出来るという事。

「卵を同じ籠に盛るな」という株の格言通り、株の銘柄を分散投資した方が投資効率が良い事は証券分析で検証された事実でもあります。

50万の資金内で複数の銘柄を購入する事にして、さらに株の購入時期や売却時期も分散することによって投資効率をあげる事が出来ます。

さて、分散投資で効果的に株を買うのが良さそうなのはわかったけど、問題は何を買うか、どう良い銘柄を選ぶかですよね。

手堅く割安なバリュー銘柄を選ぶとリスクは少ないけどなかなか値上がりしないかもしれない。

10倍株を探すつもりで「割安で業績も良く株価も上がり調子にある」銘柄を選ぶようにすると、割と手堅く株価上昇を狙う事が出来ます。

その具体的な銘柄の検索方法についてはこちらの記事でもご紹介していますので、宜しければ参考になさってください。⇒楽天証券のチャートは10倍株を見つける見方が出来る?!

株でリスクを取って信用取引でトレードすると資金は?

上記では主に株の現物取引で中長期で資金をじっくり増やす手堅い方法をご紹介しました。

でもリスクを取っても短期で資金を増やす方法もあります。

それは信用取引で資金の3倍の取引をして「投機」のトレードをする事。

株で運用できる資金が50万あるのなら、信用取引を使って自己資金の3倍程度の金額の取引をする事も可能。

信用取引なら暴落時に売りから入って底値近くで買い戻すことで資金を急激に増やす事も出来ます。

そして業績などのファンダメンタルを見てじっくり中長期で増やすのではなく、チャートで銘柄の動きを見て短期で資金を運用します。

短期で資金を運用するので月利で10%取ることも可能ですし、短期なので信用取引をしても信用取引に必要な金利分の支払いも少なくて済みます。

上手く資金を運用すれば信用取引で自己資金の3倍の取引を、売りでも買いでも取引出来て短期で資金を増やせます。

でもその分リスクは高く、必ずロスカットを設定して資金管理を徹底しないとあっという間に資金を失います。

「ロスカットは資金に対してマイナス2%以内、利益確定はなるべく買値プラス10%以上」など、きちんと売買ルールを決めて行うようにします。

リスクを取って短期で増やす「投機」のトレードに興味のある方は、オンラインの株の学校の講師もしている窪田剛さん著の下記の著書が参考になるかと思います。

株の学校(CD-ROM付)

柴田博人:監修

窪田剛:著

まとめ

以上を見てきて、株で資金50万を運用して100万にも、それ以上にも増やせそうだと思いませんか?

もちろん資金を増やせるのですが、中長期で長い目で見るか、リスクを取って短期でチャレンジするかはお好み次第。

自分に合った方法を取るのがストレスも少なく楽しみながら株で資金を増やす方法になるのでは?

「投機」であるトレードの手法に向いている方は短期で資金を増やす事にチャレンジするのも良いですね。

その際は資金が一気になくならない様に必ずロスカットを設定する事になります。

中長期でバリュー株の取引をするのは時間はかかるけれどもロスカットにまでなる事は比較的少ないです。

高配当で優待もあって割安のバリュー株が上昇を始める時に上手く投資出来たらとっても嬉しいですが…。

まぁそこまで条件が揃わなくても、10倍株を見つける方法で割安のバリュー株が上昇を始めるのを見つける事はある程度は可能です。

10倍株を見つけようと探した銘柄の中から数か月以内にストップ高が出る確率も、実は結構高いです。

(2017年10月1日にこちらの記事⇒資金10万円で買えるお薦めの株を知りたい!でご紹介した10倍株を見つける方法で探した10銘柄のうちの一つ、クロスキャットが2週間以内の2017年10月12日、13日と2日連続ストップ高をつけました。)

でもどの方法を取ったとしても、手持ちの資金を全て飛ばしてしまわないように資金管理をして続けていれば株で資金50万を倍以上に増やす事は出来ます。

諦めないで続けていれば、きっと道は開けます!

株で資金を増やして、色んな夢を叶えたいですね。

こちらの記事もどうぞ。⇒初心者が株で資金を増やしやすい5つの方法とは?

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする