資金10万円で買えるお薦めの株を知りたい!

スポンサーリンク

資金は10万円!

これをなんとかで上手く増やしたい。

限られた予算内でなんとかしたい。

でも、お薦めの銘柄は何になるんだろう。

色々な情報を元に有望な銘柄を探してみた結果を…。

探し方と共に見てみましょう!

有望お宝銘柄はあるかなあ?!

株の情報誌で10万の資金内でお薦めを探すのは?

楽しいんですよね、ZAiとかの株の情報誌。

コラムなどもあって面白いから、私もここ数年は年間購読しています。

でも株で儲けた方の本などを見ると「情報誌に載ってるような銘柄を信じていても儲からない」なんて事が書いてあったりしますね。

株の情報誌はそれなりのプロの方が分析した銘柄を載せている筈だから、全くの当てずっぽうで選ぶよりは信憑性は高くなるけれど、必ずしも全部が当たる訳ではないですもんね。

その事を踏まえたうえで参考にするのは良いかと思えます。

10万円株、5万円株の特集も度々ありますし。

資金を10万としたら5万円株なら2つ買えますよね!

使える資金内で5万以下の銘柄を複数買うのも夢が広がります。

テーマが「勝てる5万円株」だった過去のZAi銘柄は?

2016年12月号のZaiでは高利回り、大化け、優待、狙いの株が特集されていましたが、そこに載っていた銘柄がその後の約1年弱で株価がどうなっているかというと、まぁ確かに上がっているものもあるかなという感じです。

この時は例えば下記の銘柄などが載っていました。

  • 双日(2016/10/2の株価262円)
  • りそな(2016/10/4の株価426.7円)
  • アーバネット(2016/10/4の株価328円)

これらの銘柄はその後、確かに株価は上昇しているし配当も良い。

ただこの当時の日経平均が18,000円付近で今よりも低かったという事を勘案すると、外れてはいないけど大当たりとまでは言えないかも?

ただやっぱりこういった情報誌の株のお薦め銘柄の中には大当たりが隠れている時もあるのも確か。

どの号だった方は覚えていないのだけれど、以前Zaiで桐谷さんの優待銘柄特集か何かの時に「さくらインターネット」の紹介がされていて、その時この銘柄は余裕で資金が5万円以内で買える値段だった。

でも買おうかどうか迷っている間に株価が高騰して20万円超にまで跳ね上がったんですよね。

その後に株価は調整したけれでも、あの時買っていれば・・・と歯がゆい思いはしました。

資金が5万円位なら、買いやすかったし。

ちなみにその約半年後の2017年7月号「5万円株を大研究」がテーマの時に載っていた銘柄もその後に暴落するわけでもなく着実に騰がっているものがちらほら。

5万円株とZaiの実力は確かにありそうだという実感が。

例えばこの時に資金5万で買える優待・配当株で今も好成績なものはこんな感じ。

  • ディアライフ(2017/5/2の株価381円→2017/9/29の株価473円)
  • 城南進研(2017/5/2の株価477円→2017/9/29の株価585円)

資金10万円だと上記2つは両方同時に買える範囲内でした。

それが半年も経たないうちに2つの合計額は10万円を超え、優待も配当も入るなら嬉しいですよね。

大当たりとは言えなくてもそこそこ当たりの銘柄は結構ありそうです。

最近載っていた資金10万で買える株は?

2017年11月号Zaiの特集は10倍株だったので株価が大きいものが多かった。

その中でもランキングで選ぶお薦め(?)銘柄の中で資金10万円内で買える高配当銘柄には例えばこういうものがありました。

  • 夢真ホールディングス(2017/9/29の株価779円)
  • りそなホールディングス(2017/9/29の株価578円)
  • 丸紅(2017/9/29の株価768.5円)

これらは大化けというよりもありきたりという感じはしますが、まぁ手堅いのかな…?

中には大化けしそうだけど下落も激しいかもしれないPERの高い銘柄もたくさん載っていたので、これだけ株の銘柄をたくさん載せていたらそりゃその中のどれかは大当たりになるだろう、という感じです。

見ていて楽しいので見てしまいますが、もちろん全部を買えるわけではない…。

限られた資金内で夢があって、でも手堅いのを選びたい。

夢がある&手堅いを両立できる株も探せばきっとある筈。

10倍株を探す手法で資金10万で買える株を探してみる

お薦め出来るような株はどうやって探せば良いのか?

以前ご紹介した方法(楽天証券のチャートは10倍株を見つける見方が出来る?!)で今探したらどんな株が出てくるだろう?

今回その方法で資金5万までで検索したら、まずスクリーニングの段階で20件くらい出てきました。

さらにチャートの形を見て、四季報の内容も見て確認したら見込みがありそうだなと思ったのが数件見つかりました。

もう少し探したいと思って資金10万円内でもう一度検索して探したらもう数件、もしかして良いかもという株の銘柄が出てきました。

そうやって探した資金10万までで買えそうな株の銘柄は以下のようになりました。

  • (証券コード)銘柄名:2017/9/29株価
  • (2453)ジャパンベストレスキューシステム:431円
  • (2754)東葛ホールディングス:491円
  • (3245)ディアライフ:473円
  • (1768)ソネック:879円
  • (2139)中広:803円
  • (2307)クロスキャット:792円
  • (2406)アルテ サロン ホールディングス:817円
  • (3096)オーシャンシステム:965円
  • (4720)城南進学研究者:585円
  • (8945)日本社宅サービス:835円

(ディアライフと城南進研って2017年7月号のZaiにも載っていましたが、今回スクリーニングをした中にも出てきてました。資金内で買える銘柄は限られているからなのかな?)

今回探してみた方法は10倍株を探す手法なので、過去に何回か当たりの銘柄を発見する事が出来た実績のある方法で探してみたものです。

そして株価が上昇するまで中長期で待つ方法。

なので、すぐに数倍になるというわけにはいかないですが、大きな利点が。

それは「一旦株価が調整しても待っていれば上昇する確率が結構高い。」こと。

もちろんどの株だって持ってれば上がる事はあるんですが、良い確率で騰がっていきそうな株をスクリーニングと四季報情報を元に探せているかと思います。

更に嬉しいことに、この方法で探した銘柄は購入後に騰がると見込んだら、株価が下がった時に塩漬けしたりナンピンしても失敗が少なめだという事。

市場が冷え込んだりするとどうしても株価は調整するので、そういった場合にも割と持っていられる。

その事がわかっているのですぐに株価が上がらなかったり株価が下がっていても焦らず握っていられる。

かえってあまり多くの単元を買ってないのに急騰したときに慌てて手放してしまってその後の利益を逃す、という事の方が(私は)多い。

今回は10万円の資金内で見込みのありそうな銘柄を自分なりに探してみました。

将来性はありそうだけれどすぐに急騰するような銘柄でもないですが、もしよかったらご自分の株の銘柄探しの参考になさってください。

まとめ

株は買いたいけれど、どうやって探したらいいかわからなかったり迷ってたりする時には情報誌なども参考にしたいですよね。

でも色々参考にしても結局その株を買うかどうかを決めるのは自分自身が自分の資金で行うもの。

情報誌や株の投資顧問の情報を元に買って株価が騰がればいいけど、そうもいかない時もある。

お金を出して情報を買って、その結果買った株で損をしたときはとても悔しい…。

なんとか納得できる株を買いたいものです!

地政学リスクとか政治不安とか天変地異とか、どんなに良い銘柄を購入出来たとしても買った株が下がることはやっぱりある。

それを踏まえても株は宝くじよりもよっぽど利益を得られる可能性が高くて夢があるし、優待なども楽しい。

皆様もぜひ使える資金の範囲内で株を楽しんでください。

私も新たに投入する資金10万が数か月後、数年後には大きく増えていることを期待して頑張って銘柄探しと運用を続けていこうと思います。

こちらの記事もどうぞ。⇒株の資金って、最低いくら必要なの?それはね…

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする