【株】ストップ高の扱いって難しい…ストップ高は嬉しいけれど

スポンサーリンク

株の勉強を始めて数年…。

ストップ高に恵まれた事も何回か体験出来てとても嬉しい。

自分で選んだ銘柄が正しかったんだと思えるし、利益をあげる事だって出来る。

でも、方法を誤るとかえって酷い目に合う事も…。

今回保有株がストップ高になる直前に手放してちょっと悔しいなと思ったけれど、数年前に違った意味で翻弄されていたのを思い出した。

(ちなみに今回ストップ高になった銘柄はこの記事で紹介した方法で今年の1月に探し出して仕込んでおいたものです⇒楽天証券のチャートは10倍株を見つける見方が出来る?!

そのお話の前にちょっと26日の状況をさらっとだけ。

20170926の市況

日経は反落し、終値は前日比67円安の2万0330円。

米国と北朝鮮の関係が緊迫する中で地政学リスクを警戒した売りが。

円相場は1ドル=111円台半ばで高止まり、でも27日には112円台に戻したね。

20170926の投資記録

  • 20170926の資金状況
  • 株の評価損益 ー232万
  • 株獲得利益累計 +114.0万 (前回より+6.3万)
  • FX口座残高 102,351.(前回より+205)

10倍株として購入した株をストップ高手前で1単元売却したので少し利益が出た。

FXの口座残高は40万を出金したので今後は元本少なく運用していこうかと。

FX口座から出金した利益40万でなんか株買おうかなって思う(((o(*゚▽゚*)o)))

《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信 

10倍株として仕込んでおいた京進が連日ストップ高に

la-fontaine / Pixabay

頑張って今年の初めに銘柄を探して仕込んでおいた銘柄が連日ストップ高になりました。

NISA口座で購入しておいたので喜びもひとしおです。

素直にありがとうございます!

色んなことにありがとうございます!

と、一通り感謝した後は反省点を。

NISA口座で購入していたものだし、まだPER的には割安の範囲内だったので、もうちょっと引っ張っていても良かったんじゃないか?

あと、指値をストップ高の値にしていても良かったのに、中途半端な値段にしてしまっていたのでなんか中途半端…。

でも京進の場合は買値の2倍以上になってから売却できたので、これは初めての経験(≧▽≦)

利益金額は少ないけど、この経験を積み重ねていきたい(*´▽`*)

ストップ高での過去の失敗

実は過去に始めてストップ高を経験した時に舞い上がっちゃって失敗した経験が( ̄∇ ̄;)

400円台で買った藤倉ゴムが1600円になっても儲けられなかった訳は?

2013年末頃に値段が手ごろでPERも低くて割安、という事で藤倉ゴムを購入した。

確か1単元だけ試しに買っていただけだったかと思うけど、それが2014年1月に暴騰した。

連日ストップ高で再考で1600円付近にまで行ってた。

単純に考えれば、400円台で買ってるんだから3倍くらいで売ってれば単純に儲けが出たんでしょうけど、その時はどこまで高騰するかもわからなかったし、初めての経験で舞い上がっちゃった。

毎日ストップ高だったので、この時は買い増しをした。

買い増しした分を売って、多少は利益が出たけれども、高値掴みをした株をそのまま3年以上塩漬けする結果になってしまって…。

高騰した株価はその後に激下げしたので…どこで掴んだらいいのかってほんとわからない。

400円台ではお得だったけど、その後に業績が悪くなったりしたのでその倍以上の金額で買い増した分は今でも塩漬け((+_+;))

苦い思い出になってしまっていたなぁ。

ストップ高銘柄に手を出すと、一攫千金も狙えるけれども高値掴みしてしまうという危うさもある…。

やっぱりバリュー銘柄を複数仕込んでおいてストップ高になったら複数回に訳で売却、というのが賢いかのなぁ(´ε`;)

まだまだ修行は続く(/・ω・;)/

必ず成功する(*‘∀‘)!

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする