株の資金って、最低いくら必要なの?それはね…

スポンサーリンク

の取引をしたい!

でもいくらあれば始められるんだろう…?

その答えはズバリ「いくらからでもOK!」です。

実際、1万円もあれば立派に株主にはなれるんですよね。

でも「株で儲ける」のが目的なら、最低いくらからが儲けやすいのか。

資金別に実例も参考にして見てみましょう!

資金は5万円…これで最低何が出来る?

まず株取引に必要な証券口座の開設にも口座維持にも一般的に費用は一切かかりません。

それにSBI証券や楽天証券とかネット証券なら取引手数料もとてもお安い(1件150円からなど)。

そして口座を開設したら、証券口座のスクリーニング機能を使って5万円以下で買える株を抽出する事が出来ます。

試しにSBI証券で投資資金を5万円以下でスクリーニングして検索したら200件もヒットしました。

資金は最低5万円もあれば購入出来る銘柄って、結構多いんですよね。

資金5万までの割安優良株の探し方

でもいくらなんでも資金5万円以下で買える株ならどれでもいいって訳じゃない。

ちゃんと儲けを狙える株を選びたい。

損も出来れば出したくない。

そこでこんな感じにスクリーニング条件を追加で設定してみました。

  • 条件設定の「割安優良」を選択
  • 配当利回りの最小値を1%に設定

これで「5万以下で購入可能」「割安優良」「配当利回り1%以上」の銘柄が抽出出来ました!

この検索をした時点でこの条件で買える銘柄は13件もありました。

資金が5万以下で買えるような株の中には仕手株とかクズ株の類の、初心者がうかつに手を出さない方が良いような銘柄もあるので、「割安優良」なんて条件設定が予めあるSBI証券のスクリーニング機能はかなり親切(?)だなぁと思います。

追加で配当がある銘柄を選んだのは、なかなか値上がりしなくて持ち続けることになっても、いくらかでも配当があるとちょっと嬉しいから。

「割安優良」での抽出なので、すぐに値上がりするとは限らないという難点はあるものの、最低でも大幅な値下がりの心配は少ないので中長期での保有向き。

資金5万までの割安優良&優待株の探し方

上記では「スクリーニング」機能を使って「割安優良」で「配当」のある銘柄を探してみましたが、SBI証券にはそれとは別に優待株を検索する機能もあります。

そうしたら、最低5万でも優待のある銘柄が嬉しいことに結構あるんですよね!

下記条件で検索したら、この日は12銘柄もありました。

  • 優待権利確定月:9月
  • 優待確定に必要な金額:~5万
  • こだわり条件:PER平均以下・配当利回り平均以上

つまり「5万以下で買えて割安優良で配当も出る銘柄」です。

ほんとにあるんですね、こんな銘柄が。

ここで抽出された銘柄の優待内容は自社製品の優待券が多かったですが、クオカードが貰えるものも12銘柄中2件ありました。

検索条件は色々設定出来るので、好きに探してみるのも楽しいですね。

資金が最低でも5万円あれば結構、株で楽しむ事も出来そうです。

資金はいくら?10万円!…これなら10倍株も狙えるか?

5万円あれば株を楽しめそうな事はわかりました。

でも資金が10万円あれば「株で儲ける」事もいくらか現実味を帯びてきます。

上手くすれば10倍株も狙えるからです。

(10倍株はこちらの記事もご参考までに)⇒楽天証券のチャートは10倍株を見つける見方が出来る?!

10倍株を狙う時の株の買い方は、基本的に複数単元を買うのが良いとされています。

10倍株を狙って購入した銘柄は10倍までにならなくても2倍くらいになることは結構起こり得る事なので、2倍になったら1単元は売却してある程度の利益を確保した上でゆっくり残りの株の値上がりを待つのが効率的なんですね。

資金が10万あれば、5万の銘柄を2単元買えるので一つは2倍になった時に売却、一つは3倍になった時に売却、という方法も取れる。

複数単元買えなくても、資金が10万なら8万や9万の有望株を1単元買う事も出来るので買える銘柄もぐんと広がる。

ここで割安優良なバリュー株をスクリーニングで見つけて成功した例を少しご紹介します。

いずれも所要資金は10万以内で購入可能だったものです。

SBIのスクリーニングでアサンテ発掘

2014年1月に上記の資金5万までの割安優良株の探し方と同じ方法で資金10万までで検索した結果、アサンテ(6073)を9万円程度で購入しました。

配当も良く割安優良なので中長期で持っていられるし、業務内容も害虫駆除なので温暖化が進む中、将来性もあると見込まれたのです。

すると、当時は東証2部だったアサンテが東証1部に上場したり優待を新設したりなどで株価は上昇、購入から1年半後の2015年7月頃には株価は約2倍の18万になりました。

楽天の10倍株のスクリーニングで2倍株発掘

2017年1月、楽天証券のチャートは10倍株を見つける見方が出来る?! でご紹介した方法で10倍株を探そうとスクリーニングした結果、京進(4735)を見つけて4万円程度で複数単元購入しました。

株価は407円だったので1単元買うと4万円くらいなので、10万あれば2単元買えました。

購入から8か月後の2017年9月19日に858円のストップ高となり、2倍株になりました。

…こんな感じで、割と資金が10万円あれば地道に資金を増やすという事も可能なんですね。

資金は最低30万円…これであの取引が出来る!

資金が5万でも10万でも株を楽しんだり地道に資金を増やす事も可能、という事がわかりました。

でも資金が30万円以上あると、違うレベルに行く事も出来るんですよね。

ちょっと危険な匂いも漂う、信用取引のでデビューが可能になります。

信用取引であれば自己資金の3倍程度の金額の取引が出来るので、大きく儲ける事も可能。

信用取引ならデイトレードで1日に何度も売買するのもOK。

しかも相場が暴落するときは、「空売り」で大儲けする事も信用取引ならば可能。

騰がる時よりも暴落する時の方が勢いは凄まじいので、空売りで大儲けする方も多いです。

でも、いくらでも大儲けする事が出来る反面、大損の恐れも大きい。

ハイリスクハイリターンです。

現物株を持っている限り、借金でもしていない限り株価が暴落してもリスクは手持ち資金の範囲で済むけれど、信用取引では失敗すると借金を背負う羽目にもなりかねない。

信用取引を上手く使えばどんどん利益をあげることは可能ではあるけれど、リスクを取れる資金力のある方や中上級者向きだと思います。

まとめ・株の資金は最低いくらからでも

株の資金は少なくても、いくらからでも「始めること」は出来ます。

でもやっぱり資金をたっぷり使えたほうが、そりゃぁ儲けやすいですよ…。

株を塩漬けにしてたって資金がたっぷりあれば新たに株を買えますからね。

でも、そうやってどんどん塩漬けだらけにしていたらいつまでたっても資金は増えない!

(反省…。)

少ない資金を上手く運用してどんどん増やす事も可能なのが株取引の醍醐味の一つですもんね。

でも、急激にどんどん増えなくたって、株主として配当を受け取ったり株主総会に出たり、優待を貰える株もある。

保有している楽しみも色々あるんですよね。

そうして保有しているうちに値上がりしたら売却して売却益を得て、また新たな株を買う楽しみも出来る。

資金がいくらからでも始められる株取引、生活の中の楽しみの一つになったらいいですね。

最低金額から始めて無茶な信用取引に手を出したりなどしなければ、人生が破綻する事もないでしょう。

株を持つことが生活の潤いの一つになったら嬉しいなぁ。

夢を叶える事も可能な株取引、皆の夢が叶うといいな(*´▽`*)もちろん私の夢も(≧▽≦)!

こちらの記事もどうぞ。⇒みずほ株を使ったゆったり楽な儲け方の秘訣とは?

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする