パパと入院先の病院で優雅にランチ(≧▽≦)♡…でも、とある危機も判明(´;ω;`)

スポンサーリンク

私は毎日入院先の病院に会いに行ってるけど、今日は日曜日だったから子供と一緒にパパの入院先の病院に行って久しぶりに家族3人でランチした(≧▽≦)♪

結構権威のある私立の大学病院だから、最上階にマジかよ…って思うような老舗高級ホテルのレストランが入ってるんだよね。でも病院内にあるからパジャマ姿の患者さんと一緒にご飯が食べれるの。

(ホントは昨日が退院の予定日だったんだけどなぁ…)という悲しい気持ちは置いといて、元気そうなパパ(旦那です)と一緒に楽しくお食事できるのはとても嬉しかった(*^▽^*)

結構な大手術になってしまったから、術後に少し麻痺が出てリハビリしたり結構強めの薬を飲んだりしていて少し退院は伸びてしまったけど、回復してきているし、あと少しで楽しい日常の生活に戻れる!…と和やかに家族でランチを楽しんでいると、突然の電話が。

パパの病気の専門医でもある親戚のおじさんが病院に来てくれたという電話だったので、一緒にレストランでお食事する事になった(*´▽`*) 実は彼はパパの手術に執刀医の一人として立ち会っていて、ばっちり患部を見ている第二の主治医みたいな立場。色々お話も聞けるし、賑やかで楽しいし、良かった!!

が、お話聞いてるうちに、ショックな事実も言われてしまった。

”もうさあ、半年とか1年とか、車の運転出来ないかもしれないから、なんだったら車預かっといてあげるよ。あんまり乗ってないとバッテリー上がっちゃうでしょ?たまに乗っとかないといけないし。もしくはもう乗らないなら取り敢えず一旦売っちゃってさ、1年後に新しいのまた買ったら?”

ぎょえぇ~( ゚Д゚)(;゚Д゚))((;゚Д゚))((;゚Д゚;))!

パパも私もショックで固まる。((; ゚Д゚)( ゚Д゚;))

なぜなら1回目の手術の直前にピッカピカのドイツ車を納車したばかりだったから(@_@;)

まだ1年も経ってない新車なのに…(´;ω;`)ウッ…買って殆ど乗らないうちに病気が判明して緊急入院したから、数回程度しか乗れてない。今売却したら、それだけで数百万の損失が確定するよ…。

病気による経済的危機

このブログをご覧の皆さんも、投資に興味のある、実際に取引してらっしゃる方も多いと思います。投資によって十分な利益を上げる事が出来たら、こんな事態が発生しても資金力があればもっと落ち着いて対処できるんじゃないかと思います。

まさかの事態って、誰にでも起こりうるから…。

うちの場合は特にパパが自営業だから、入院=収入減に直結していて、高額な医療費+収入減+新車台無しショックで打撃が大きかった(*_*;)。

私たち家族も、まさかこんな大きな病気が突然発覚するなんて思いもよらなかった。だって予想出来ていたら、新車なんて買ってないもん。

でも生きていれば大丈夫!(∩´∀`)∩

究極はやっぱりこれ!(≧▽≦)!

どんなに経済的危機になろうと、乗り切れるよ!それはなぜか物凄く言い切れる(^u^)

なぜだか言い切れる(^_^)v 

今私がまたフルタイムで働きだしたところで、かつての現役時代の年収の3分の1くらいの年収にしかならないと思う。高額の住宅ローンとか、子供の私立学校の授業料とか、固定費が物凄くかかるので、その程度の年収じゃぁどうにもならない。

だが何とかなる。絶対に。どうやって?それはまだわからない。でも大丈夫!

生きていれば、希望を捨てなければ、また幸せに暮らせるよ!(*´▽`*)

ご覧いただきありがとうございます。皆様と皆様のご家族に健康とご多幸あれ!

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする