IPO株の買い方をお得なSBIで見てみよう!

スポンサーリンク

IPO株はリスクが少なくお得だってよく言われます。

だからIPO株の買い方を知りたい!

IPO株はなかなか手に入らないけれど…。

でもIPO株の上手な買い方を知っていれば、買うチャンスを活かせる。

運がない人にも資金が少ない人にもチャンスがある、SBI証券でのIPO株の買い方を確認してみましょう。

SBIでのIPO株の買い方は?

SBIはIPO株の取り扱いが多いのでIPO株に挑戦しようと思ったら必ず申し込むべき証券会社。

でもIPO株に当選するチャンスを増やしたいなら、色んな証券口座を開設したほうが有利なことは確かです。

ただIPO株の買い方は似たようなものなので、ここはまずSBIを例にIPO株の買い方の流れを見ておきましょう。

1.ブックビルディングへ申し込み

IPO株のブックビルディングはブックビルディング期間中に忘れないように申し込みをしましょう。

SBIでの買い方は「国内株式」→「新規上場・公募売出」→「新規上場株式ブックビルディング / 購入意思表示」をクリックで最初の申し込みはOKです。

申し込みの前にはIPO株の目論見を確認する事になっているので、目論見書の電子交付に承諾をしておきます。

SBIではこの時点ではまだ目論見書を確認していなくても抽選の申し込み自体はできますが、IPO株の抽選に当たったら購入手続きをする前に必ず目論見書を確認することになります。

SBI以外で、証券会社によってはIPO株のブックビルディングをする前にその銘柄の「目論見書」を確認しないとブックビルディングの申し込みが出来ない証券会社もあります(マネックスなど)。

SBIでのIPO株の買い方として気を付けたいのは「ストライクプライス」で申し込むこと。

これは成り行きでの買い方なので、間違いなく抽選に参加できる金額になります。

うっかり他の金額で申し込んでしまって申し込んだ金額が実際の発行価格を下回ってしまうと、SBIのIPO株の抽選に参加できなくなってしまうので買い方に気を付けましょう。

SBI以外の証券会社でのIPO株の買い方の注意点としては、金額の上限で申し込んでおくことです。

SBIでもストライクプライスで申し込まないなら確実に抽選に参加できるよう、金額の上限で申し込みましょう。

2.買い付け余力の確認

SBIでのIPO株の買い方でうっかりしがちだけれど、絶対に忘れていはいけないのがこれ、買い付け余力の確認です。

せっかくSBIでIPO株の申し込みをしても、SBIでIPO株の抽選が行われる時に買い付け余力がないと、抽選に参加することが出来ないんです。

買い付け余力は「発行価格×有効申込株数以上」分が必要です。

SBIでの抽選対象特定のため買付余力確認は「発行価格決定日 18:00」以降なので、それまでに必ず口座に必要額を入金しておきましょう。

3.発行価格(売出価格)決定日にIPO株の抽選

抽選日に発行価格(売出価格)決定して、いよいよ抽選です!

ちゃんとSBIでブックビルディング期間中に申し込みをして、発行価格×有効申込株数以上の買付余力があれば抽選に参加できます。

SBIでIPO株の申し込みを完了して買い付け余力以上の資金を入金したら、もう後は抽選が終わるまで楽しみに待ちます。

4.抽選結果が出たら意思表示!

SBIでIPO株の抽選結果が出たら、外れの場合は「IPOチャレンジポイント」が1ポイントもらえます。

このポイントをためて、次回以降のIPO株の当選に期待しましょう。

もしSBIでIPO株に当選したら!

そのIPO株が前評判も良く、有望な株だったら忘れずに購入申し込みをしておきましょう。

補欠当選の場合も忘れずに購入申し込みをする事。

ただここでSBIでのIPO株の買い方で注意する点、コツがあります。

万一そのIPO株があまり評判が良くなくて公募割れしそうな銘柄だったら、辞退するという方法も取れるということ。

SBIでのIPO株のお得な買い方は、IPOチャレンジポイントは貰った方が良いからとりあえず全てのIPO株の抽選に参加はするけど、実際に購入申し込みをするのは有望銘柄だけ、という方法。

そしてあまり有望じゃないIPO株はSBIでも当たりやすいので購入申し込みは慎重に行うのが良い買い方になるでしょう。

前評判が良くない株でもその時の相場状況によっては初値が高騰することもあるので、その点も踏まえてよく考えて当選したIPO株の購入申し込みをするかどうか決めましょう。

SBIで当選したIPO株を辞退してもSBIからのペナルティは特にないです。

ただし、その分のIPOチャレンジポイントはもらえません(IPO株に外れたわけではないので)。

SBIでIPO株を買うメリットは?

SBIはとにかくIPO株の取り扱い実績が多いのでチャンスが多いのが一番。

なにしろ2017年のIPO株全90社中の83社と、90%以上の取り扱い数でした。

今後もこの傾向は続きそうなのでSBIでIPO株の買い方をマスターしてどんどんチャレンジしていきたいものです。

でもSBIでIPO株を買うメリットは他にもあります。

資金が少ない人向けのSBIでのIPO株の買い方

有望なIPO株だろうが何だろうが、とにかくSBIのIPO株には最低単元で参加する!

そしてIPOチャレンジポイントを地道にためこんで行きましょう。

SBIでのIPO株の買い方、というか抽選の申し込みは非常に簡単ですし、とにかく毎回IPO株のブックビルディングを確実に行いましょう。

そして当然のように(?)SBIのIPO株の抽選に外れ、どんどんIPOチャレンジポイントがたまっていけば、2,3年に1回くらいはポイントを使ってS級クラスのIPO株に当選することが出来ます!

IPO株によっては200ポイント以上ないと当たらないような有望な銘柄もありますが、何しろSBIはIPO株の取り扱い数が多いからいつの間にかたまっていきます。

IPO株の抽選に参加する事は1単元分の買い付け余力があれば良いのでどんどん参加してポイントを貰っておきましょう。

SBIのIPO株に外れても、次回以降のチャンスが増えるんです。

資金が豊富にある人向けのSBIでのIPO株の買い方

SBIのIPO株は資金が豊富にある人は有利な買い方ができます。

資金が豊富にあれば一つのIPO株にたくさんの単元数の申し込みが出来、その分IPO株に当たる確率が増えるんです。

買い付け余力が1億円(!)くらいあれば、大量に申し込んで1単元くらい当たることもあるようです。

お金持ちの買い方か、って突っ込みたくもなりますが…。

SBI以外の証券会社では1銘柄に1単元づつの抽選申し込みしかできないところもあるようですが、SBIのIPO株の買い方では資金がある人に有利な買い方もある、という事ですね。

そんなに資金がなくても、IPOチャレンジポイントをためる買い方もあるので…誰にでもチャンスはあります!

SBIでIPO株を買いたい

ぜひIPO株買いたいです!

買い方は簡単です。

買い方は簡単だけど、抽選に当たらないからなかなか買えないだけです…。

SBIでIPO株がなかなか当たらないとは言え、たまには当たります。

SBIで当たるのは1年に1回くらいかなぁ。

IPOチャレンジポイントを使って当たることと、たまたま運よく当たる事とで。

SBIでIPO株の買い方のコツをつかんで、たくさんのチャンスをものにしたいです。

SBIでのIPO株の買い方のコツはこちら。

  • とにかくどんなIPO株にでも申し込んで地道にIPOチャレンジポイントをためる。
  • IPO株に当選したら、購入前に慎重に購入すべきかどうかを検討する。

どんどんチャレンジしてIPO株、楽しみましょう!

こちらの記事もどうぞ→ 株初心者がIPO株でリスク少なく大きな利益を得る方法は?

スポンサーリンク
ビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする